WEBサービス

トップページ > WEBサービス > ホームページ制作

ホームページ制作

デザイン・集客・運用面を考慮し、全体設計と合わせた「ホームページ制作」サービスをご提供し、反響が増えるホームページ作りをサポートいたします。

ホームページ制作サービスの内容

ホームページづくりは、「家づくり」に似ています。

例えば、「新築」で間取りやデザインにこだわった家を建てる際には、建築士(設計士)に「こういう家を建てたい」という要望を伝え、そのプランをもとに大工さん(工務店)が建築工事を行ってくれます。

ホームページ制作に置き換えると、一般的には、大工さん(工務店)と同じ「家を建てる(=ホームページを作る)」という役割は、ウェブデザイナー(ホームページ制作会社)が担っています。

一方、当社の場合は、反響が出るホームページを制作する上では、「建築士(設計士)」が担っている「設計・プランニング」の役割が重要であると考えており、その役割をWEBプランナー・ウェブコンサルタントと呼ばれるスタッフが担い、ホームページ全体の設計を行っています。そして、その「設計図」をもとに、制作者であるウェブデザイナーと連携して、1つのホームページ(家)を完成させるという流れを取っています。

このように、当社では、オーダーメイドで建てる家と同じ考え方のもと、ホームページもオーダーメイドで制作するために、

「どのようなホームページにしたいのか」
「ホームページにどのような役割を持たせたいか」
「そのためにどのようなコンテンツが必要か」

と1社1社のご要望をじっくりお聞きしてから制作を行っており、一般的なイメージの「制作(デザイン)」というサービスだけではなく、より反響を高めるために、「設計(企画・プランニング)」という要素も合わせてホームページ制作サービスとしてご提供させていただいております。

ホームページ制作で大切にしていること

全体設計

ホームページの目的や必要なコンテンツなど、ホームページ全体の企画・設計(プランニング)を行います。WEBサイト全体のコンセプト策定、ターゲットの選定、自社の訴求ポイントなどを考え、ホームページの構成を組み立てていきます。

また、「育てながら運用していく」ホームページとして、集客や更新のしやすさまで考えた上で、長期的にWEBマーケティング活動を行える運用体制の構築プランをお客様と一緒に作っております。

デザイン

「人は見た目が9割」と言われるように、ホームページの「見た目」にあたるデザインは、ホームページを訪れたユーザーが感じる「第一印象」になります。対人関係において、悪い印象よりも良い第一印象のほうが得をすることが多いですから、ホームページも同様に、ユーザーから好感を得るためには、デザイン(外見)をきちんとしておくことが求められます。

ですが、ホームページを作る上で「派手すぎる外見(デザイン)」や「中身とギャップがありすぎる過剰な外見(デザイン)」はマイナスになることもありますので、初めて訪れるユーザーにどのような印象を持ってもらいたいか、という考え方でデザインを行うべきではないかと当社では考えております。

高級な商材(サービス)を提供する会社であれば、安そうな(チープな)印象につながるデザインは避けなければなりませんし、高級感を感じさせるデザインにするのであれば、提供する商品や対応するスタッフ(社員)も気品に溢れていたほうが良いでしょう。本来、ホームページのデザインは、そこまで考えて一貫性を持って作り上げていくべきではないかと私たちは考えています。

分かりやすさ

ユーザーがホームページを訪れて、好印象だったとしても、どこに何の情報があるのか、分かりにくいサイトだったとしたら、ユーザーが簡単に離脱してしまいます。奇抜なデザインにすると、ユーザーが迷ってしまう恐れがありますし、どうしてもユーザーに伝えたい訴求ポイントや商品の特徴などのコンテンツが伝わらなければホームページの意味がありません。

しっかりしたナビゲーションメニューやボタンがあって、ユーザーが迷わない「分かりやすい」「閲覧しやすい」ホームページにしておくという気配りが大事であると考えています。

集客

ホームページで反響を得るためには、訪れるユーザーを増やす集客という考え方が欠かせません。お金をかければ様々な広告(プロモーション)を実施することができますが、コスト面や継続性という点を考えた場合には、自社のホームページコンテンツに直接誘導できる「SEO対策」を強化するべきであると考えています。

そのため、SEO対策の強化=アクセス増につながるホームページを作ることを重視し、SEO対策を考慮したコンテンツ設計、デザイン・コーディングを行い、「集客」できるホームページを構築させていただきます。

運用体制

ホームページは「制作」して終わりではなく、むしろ「制作してからが始まり」だと考えています。そのため、更新・運用のしやすさを考慮して、CMS(更新システム)を導入して社内で更新できる体制を構築し、SEO対策につながるページコンテンツを継続的に追加するなど、「ホームページを育てていく」ことが必要になります。

制作した後の運用・更新体制を考えたホームページ作りをご提案し、お客様と一緒にホームページを育成していきたいと思っております。