webマーケティングに関する参考コラム集

トップページ > 動画(youtube)を活用したホームページ集客&SEO対策強化のポイント

動画(youtube)を活用したホームページ集客&SEO対策強化のポイント

動画を活用したホームページ集客&SEO対策強化のポイント

先日、「動画(youtube)を活用したホームページ集客・SEO対策強化」に関する勉強会に参加し、成功事例や具体的な実施ポイントについて学んできました。

さっそく弊社でも実施してみたところ、「短期間で」「ヤフー・グーグルに上位表示」されるキーワードが出てきました。今後、ホームページの集客強化を行う上で、動画を有効活用できると思いましたので、そのポイントやメリットなどを簡単にご紹介させていただきます。参考にしていただけましたら幸いです。

動画を活用した集客・SEO対策とは?

●誰でも簡単に動画を作成できる「youtube(ユーチューブ)」を使用し、ユーザーに伝えたい情報を動画コンテンツとして作成し、グーグル・ヤフーの検索エンジンで動画のコンテンツを上位表示させ、ホームページへの誘導(アクセス増)を強化する手法です。

現在のグーグル・ヤフーの検索結果は複雑化しており、検索結果ページでは、ウェブページ/画像/動画/ニュース/地図/ショッピングなど、多様性のある情報の検索に対応するように変化しています。
※試しに「グーグル」でキーワード検索を行ってみてください。
検索結果ページの「キーワード入力欄」の下に、上記の検索結果が並んでいます。

キーワードにもよりますが、かなり高い確率で検索結果の1ページ目、2ページ目にyoutube動画のコンテンツが複数表示されるようになってきています。

特に、youtubeは、グーグルの自社サービスであるため、自社検索エンジンと検索結果の融合が進んでおり、優先的に自社サービスのyoutube動画コンテンツを検索結果に表示させる仕組みとなっています。

「youtube(ユーチューブ)」を活用した動画SEO対策のメリット

「youtube(ユーチューブ)」を活用することで、集客面・費用面において以下のメリットがあります。

即効性がある(24時間以内)

「youtube(ユーチューブ)」で動画を作成すると、早ければ翌日(24時間以内)には検索エンジンの結果に表示されます。
キーワードによっては、翌日(24時間以内)に1ページ以内の上位に表示され、検索するユーザーの目に留まることになります。

難易度が高くない

ウェブページのSEO対策を実施する場合に比べて、難易度が高くありません。

実施するキーワードにもよりますが、まだまだどこの会社もウェブページのSEO対策に手一杯で、動画を活用したSEO対策まで実施できていないということ、また、
「動画=面倒・手がかかる」というイメージで取り組まない会社が多いことにより、チャンス(機会)に溢れている領域ということが考えられます。

コストがかからない

以前までは、「動画制作は高い」というイメージでしたが、「youtube(ユーチューブ)」の登場により、誰でも無料でアップロードできるインフラが整いました。
これにより、「youtube(ユーチューブ)」を活用する場合には、コストをおさえて実施することが可能となっています。また、動画コンテンツの作成に、必ずしも多額の費用をかける必要はありません。

以上の理由から、youtubeを活用して動画コンテンツを作成すれば、「短時間で(即効性)」「簡単に(難易度低い)」「低コストで」動画集客を実施することが可能になります。

動画SEO対策の事例

実際に「youtube」を活用して動画コンテンツを作成し、検索結果で上位表示に成功している事例です。

「きれいな神社」 検索1位
「天婦羅 東大阪」 検索1位
「1000円カット 博多」 検索2位

※いずれもグーグルの検索結果で上位表示されており、実際にホームページへの誘導およびお店への来店(顧客獲得)という成果を上げられているそうです。

動画コンテンツ制作のポイント

では実際に、動画コンテンツを制作し、検索結果で上位表示を行い、自社のホームページへの誘導強化を行うためにはどのようにすれば良いでしょうか。
簡単にポイントをご紹介いたします。

1)キーワード

上記の事例では、「神社」「天婦羅」「遺産相続」など、ビッグワードと呼ばれるキーワード単体ではなく、「+〇〇(地域名)」「+形容詞」など、複数のキーワードで上位表示されています。
ウェブページでも同様ですが、「ビッグワード」と呼ばれるキーワードでの上位表示はかなり難易度が高いため、動画を活用する場合にも、同様に複数のキーワードによる上位表示を狙う方が成果が上げやすいと言えます。

逆に、「複数キーワード」の組み合わせによる動画コンテンツを用意することができれば、「すぐに」「簡単に」「低コスト」で上位表示できる可能性が高いようです。

2)コンテンツ

上記の事例で紹介されている動画は、よく見ると「動画」ではありません。
画像を組み合わせた「スライドショー」になっています。
youtubeでは、動画のアップロードも簡単に行えますが、画像や文字を編集したスライドショーをアップロードすることも可能です。

現時点では、動画のように見える「スライドショー型」で制作した場合でも、動画コンテンツとして認識され、検索結果の上位表示に成功されています。
そのため、「専用の動画撮影機材」がなくても動画コンテンツを作成することができます。
これは費用面、コンテンツ作成の難易度からしても、とてもメリットがあると言えるでしょう。

3)動画では「売らない」

動画を活用した集客・SEO対策のポイントは、動画そのもので商品(サービス)を売ろうとせず、自社ホームページへの誘導を目的として制作したほうが良いと私たちは考えています。

商品(サービス)を動画で販売しようとすると、かなり綿密に企画を立て、シナリオを作り、時間をかけて撮影・編集を行い、どのようにその動画で商品を買ってもらうか、という戦略的な設計が必要になります。

これは、大企業が行う、高額な費用をかけて、売れっ子プランナーに依頼して、商品のブランドイメージを刷新するようなCM・プロモーション型になるかもしれません。

しかし、「商品の販売」ではなく、「ホームページへの誘導」や「見込みユーザーの獲得」を目的とした場合には、動画だけでユーザーの行動を完結させるという考え方ではなく、その動画を閲覧したユーザーを自社のホームページに誘導することを目的に動画コンテンツを用意すれば良いということになります。

具体的には、
・youtube動画の紹介文に必ずホームページのへのリンクを入れる
・展開する動画コンテンツ内に、「詳しくは、〇〇(WEB)で検索」という文言を入れる
といったことを実施し、動画の役割を「売る」ことではなく、「ホームページへ誘導する」ことに専念させる、という考え方を持つことが必要となります。

動画集客・SEO対策強化まとめ

ご紹介させていただいた通り、youtubeを活用して動画コンテンツを用意することができれば、SEO対策を強化し、ホームページへの誘導(アクセス数)を増加させることが可能となります。
まだまだ他社が手掛けられていない「チャンス(機会)」が潜んでいる分野とも言えますので、ホームページへの集客を強化されたいお客様が新たに取り組む手法としてはとても相性が良いかと考えられます。
ご紹介した事例や実施する上でのポイントについて、より詳しくお知りになられたい場合には、お声掛けいただけましたら情報提供させていただきます。
今後のWEBマーケティング活動の強化にお役立ていただければ幸いです。