webマーケティングに関する参考コラム集

トップページ > いいホームページ制作会社の選び方

いいホームページ制作会社の選び方

いいホームページ制作会社とは

ホームページを制作(デザイン)してくれる会社はたくさんありますが、私たちは、「いいホームページ制作会社」とは、ホームページの反響を増やすために、一緒にホームページ全体のことを真剣に考えてくれるパートナーではないかと考えています。

仮に、そういった会社を「いいホームページ制作会社」とするなら、そのような会社を見つけるにはどうすれば良いのでしょうか。

自らホームページを制作して運用した経験とホームページ制作会社での経験をもとに、「いいホームページ制作会社」を選ぶ上での視点をご紹介いたします。参考になりましたら幸いです。

ホームページ制作会社選びの視点

いいホームページ制作会社を選ぶ上では、以下のような視点を持つことで、よりよいパートナー選びが行えるのではないでしょうか。

1.ホームページを制作することが目的か

ホームページの反響を増やしていくパートナー選びの最初のポイントは、その会社が、ホームページを制作することだけを目的にしているかどうか、です。

一般のホームページ制作会社、デザイン事務所などは、「ホームページを制作すること・デザインすること」が主な仕事なので、制作に重点を置いた提案やサービスを行われるかもしれません。その場合には、「制作すること」だけを目的にしているのか、制作するまでにどのような考え方で制作を使用しているか、そして、制作した後にどのようなことが必要だと考えているのか、確認をしてみたほうが良いかもしれません。

なぜなら、ホームページを活用して反響を増やすためには、「制作」という工程も大事ですが、「制作する前」と「制作した後」のプロセスも大切だからです。

「制作」はしてもらったけど反響が増えない、という失敗事例の多くは、依頼側が、「制作する会社」を選んでいることも一つの原因です。

できれば、「ホームページを制作するだけ」のサービスではなく、どのようなホームページを作ったら良いかを一緒に考えてくれて、制作した後のことまで考えた提案とサポートをしてくれるのかどうか、そのスタンス(姿勢)を確かめたほうが良いでしょう。

2.営業担当者との相性

ホームページは、たとえどんなに小さなサイトであっても「制作」するだけである程度の時間が必要になります。ましてや、「制作」して、制作後の運用まで考えると、反響を増やすためには、かなりの時間が必要になりますので、長いお付き合いになるかもしれない窓口の営業担当者との相性はとても重要です。

  • ・こちらの事情を考慮した提案をしてきてくれる気遣いがあるか
  • ・こちらが求めていることに対する答えがきちんと返ってくるか
  • ・信頼できそうな人柄か

担当者に対する違和感があれば、長くお付き合いしていく上で、その後、困難な道のりが待っているかもしれません。結果を出すために一緒に取り組む仕事であるからこそ、信頼感・安心感を感じられる担当者と同じ価値観を共有できる体制でチャレンジしていきたいものです。

もし、複数の会社から提案を受けていて、決め手にかける場合には、その担当者に「相談しやすいか」という点で見ていくのもいいかもしれません。長い付き合いをするうえで、相談に乗ってもらいやすいか、という点も実は大事であるからです。

3.業界知識・業界理解はあるか

反響が増える「いいホームページ」を作るためには、制作側が依頼側の会社のことや属している業界のこと、競合他社のこと、その業界のユーザーが求めるニーズ、などを理解してくれていたほうが良いことは間違いないでしょう。

医療、福祉、教育、住宅、不動産、金融、食品、IT、サービス、電機、小売、飲食、美容・・・・などそれぞれの業界固有の常識や非常識はあるはずですから、その業界に精通している制作会社や担当者のほうが理解が早く話がしやすいという利点があります。

最近では、WEB業界への転職者も増えていますので、WEB制作会社の前に、その業界で働いていた経験がある人は、業界の事情に詳しく、相談がしやすいかもしれません。

気をつけないといけないのは、〇〇業界専門という業界に特化したサービスを提供している制作会社に依頼をする場合、施いつ敷いているが故に、同じ業界の他の競合と同じようなホームページ制作を提案されてしまう、ということが起きかねませんので、業界に特化した制作会社を選び際は、その点を確認されたほうが良いでしょう。

4.制作会社の社内体制

制作会社の社内体制(組織体制)を質問すると、その会社が何を得意としているか、どのようなサービスを提供しようとしているか、ということが見えてきます。

例えば、社員12名のホームページ制作会社で、WEBデザイナー6名、プログラマー2名、営業・ディレクター担当2名、営業アシスタント2名という体制が分かった場合には、社員の大半を占めるのがデザイナーやプログラマーの「制作担当」ですから、この会社は「制作すること」が得意であることが分かります。制作者に比べて、営業や営業サポート担当の割合が低いということは、制作することには力を入れているが、その前後のプロセス(作る前の企画や作った後の運用フォロー)は手薄であるということが分かります。

また、WEB制作業は、離職率が高い傾向にありますので、せっかく付き合いを開始した営業担当者が、ホームページ完成後に退職してしまったり、ひどい場合には、制作途中に退職してしまう、ということがあります。退職までいかない場合でも、担当者がころころ変わって振り回される、という話はよく耳にします。

こういったことを100%回避できるわけではありませんが、制作会社の社内・組織体制を確認することで、どのような特徴・傾向があるか、見えてくることもあるのではないでしょうか。

5.実績

豊富な「実績」を持っている、という点は新たに依頼をする場合に、信頼・安心という面からすると重要な項目であることは間違いありません。

できれば、実績の「数」が多いかどうかという点や、実績のクライアントが有名企業かどうか、という点だけでなく、そのクライアントのホームページ制作・運用支援を通じて、反響が増えているかどうかという「実績」を重視して確認されたほうが良いでしょう。

依頼側と同じ業界に属する会社の「実績」があれば、その業界のことを少なからず理解している指標として信頼できるかもしれません(しかし、担当者が全く異なる場合は、そうでないことが多いのでご注意ください)。

綺麗なデザインをお願いしたい場合には、有名企業の斬新なデザインを手掛けていたり、制作実績で紹介されているサイトのデザインを見れば、イメージに合うものか判断できるでしょう。

ただ、できれば、「どのようなデザイン」「どのようなクライアント」という表面的な実績だけではなく、そのクライアントのホームページはどう変わったか、という実績の中身・質を確認していくことが重要ではないかと思います。

6.「価格」以外の価値は?

ホームページ制作会社の「原価」は、デザイナーなどの人件費ですが、いわゆる製造業とは異なり、「製造原価」が見えにくい構造を持っています。

その「あってないような原価」は、業界の問題体質ではあるのですが、逆に言えばその構造であるからこそ、販売価格の調整が簡単にできてしまうということでもあります。

そのため、新規コンペの提案で負けそうになった場合や、既存のクライアントから契約解除の話が出た場合には、案件を受注するために、競合他社よりも低価格での見積もりを提出することもあります。

依頼側にとって、価格を下げてもらえることは喜ばしいことではありますが、冷静に見ると、「価格を下げること以外では価値を提供できない」ということの表れでもあります。

効率的な体制で、本当に低価格でサービスを提供できる制作会社もあるかもしれませんが、「低価格」だけを売りにしている場合には、「価格」以外にどのような価値を提供してくれるのか、という点をきちんと確認されたほうが良いでしょう。そうでなければ、価格は安いが対応が悪かったり、安く制作したホームページの反響がまったく増えない、という、長期的に見て依頼側が損失を被ってしまうような喜ばしくない失敗事例が生まれてしまうことになります。

7.SEO対策に詳しいか

ホームページのアクセス数を増やしていくうえで、SEO(検索エンジン最適化)対策は欠かせません。そのため、ホームページで反響を増やすためには、SEO対策を考慮してホームページを作ることが必要になります。

そのため、その制作会社が、正しいSEO対策の知識を持っているか、それを制作するホームページにどう織り込んでくれるか、ということは、とても重要な点になります。

よくある誤解は、「WEBデザイナー=SEOに詳しい」というものですが、デザインやシステムといった「制作スキル」と、SEOやリスティング広告などの「集客スキル」は、異なる分野であるため、それぞれ別々のスキルと経験が必要になります。依頼主が制作側に何をどこまで求めるかにもよりますが、あまりどちらかに偏りすぎることなく、SEO対策の正しい知見を持ち、両者のバランスを取ったうえで、制作サービスを提供してくれる会社に相談されることをお薦めいたします。

また、SEO対策だけでなく、リスティング広告、アクセス解析、CMSなど、WEBマーケティングに関する動向は常に変化していますので、最新の情報を正しく理解しているか、担当者はきちんと努力して勉強しているか、という点も考慮されたほうが良いかもしれません。

8.自社でWEBサイトを活用しているか

「ホームページを作ったら売り上げが上がります!」
「SEOで順位を上げたら反響が増えますよ!」

と勢いよく提案してくる会社はありますが、その会社が自社でホームページを活用しているかどうか、というとそうでないケースがほとんどです。

ホームページの良さを提案するからには、やはり、自社でホームページの運用を実践して、その良さを体感してからでないと、本当に良いサービスの提供と提案はできないのではないでしょうか。

業界の有名な話に、「SEO会社が、自社でSEO対策をせずに営業電話でSEOサービスを売り込んでくる」と言う話がありますが、自社でSEO対策を実践し、本当にSEO対策がヒットしていたら、他社に営業をかける時間もないぐらい売り上げが上がっているのではないでしょうか。

また、ホームページを「制作」することが得意な会社によく見られるのは、クライアントのホームページを制作した後にフォローができず「ほったらかし」にすることですが、このような会社は、制作後の運用の重要性を理解していない可能性が高いため、その制作会社のサイトも作りっぱなしだったり、更新されず放置されているという状態が続いていることがあります。

できれば、自らホームページを中心としたWEBマーケティングを実践している会社をパートナーとして選び、一緒に反響を増やす取り組みをしていただきたいと思います。