SEO対策

トップページ > SEO対策 > コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い・比較

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い・比較

SEO対策やウェブマーケティングに関する施策には、様々なウェブ専門用語があります。

最近注目度が上がり、よく耳にするものでは、「コンテンツSEO」と「コンテンツマーケティング」がありますが、とても似ていて正しく理解している担当者は少ないのかもしれません。「コンテンツSEO」と「コンテンツマーケティング」の違いを教えて欲しい、というリクエストをいただきましたので、ご紹介させていただこうと思います。

 

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い

コンテンツSEOとコンテンツマーケティング

コンテンツSEOホームページへの集客施策を考える上で欠かせない手法となっている「SEO対策」ですが、最近注目されているSEO用語に、「コンテンツSEO」があります。コンテンツSEOは、SEO内部施策のうちの1つの手法であり、具体的には、ホームページ内にコンテンツを充実させることによって、検索エンジン(ヤフー・グーグル)からの流入を増やし、アクセスアップを実現するための方法です。

コンテンツマーケティング一方、「コンテンツマーケティング」は、見込み客であるターゲット(対象)にとって価値のあるコンテンツ(情報)を提供することによって、自社商品・サービスの認知・興味・信頼を高め、購入につなげるためのマーケティング手法です。

「コンテンツSEO」と「コンテンツマーケティング」、どちらにも「コンテンツ」という共通ワードが含まれているため大変まぎらわしい単語ですが、「手法」や「目的」は異なっているため、まずは正しく理解し、状況によって使い分けていくことが必要となります。

分かりやすく比較表にして、違いを比べてみましょう。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い(比較表)

ここまでで理学療法士と柔道整復師の共通点や違いなどをご紹介しましたが、改めて比較表にて、違いを整理してみましょう。

コンテンツSEO コンテンツマーケティング
目的 アクセス数アップ(SEO強化) 売上アップ(営業強化)
その手段 SEO対策(内部施策)の強化 新規見込み客に対するマーケティング活動
具体的な方法 ホームページ内にコンテンツを作成し、情報量を増やすことでSEO対策を強化し、検索エンジンからの流入を増やす ターゲットである見込み客が興味を持つコンテンツを用意し、自社への認知・興味・信頼を高め、購入までつなげる
コンテンツの考え方 テキストを中心としたページ作成が基本。文字数をできるだけ多くし、情報量の多いページを作成してページ内容を充実させる テキストページ以外にも動画、セミナー、小冊子、PDF、多媒体への寄稿などコンテンツの中身とターゲットへの伝達を重視するため形は多様化する
指標
  • ・アクセス数、PV数
  • ・検索キーワードの順位(上位表示)
  • ・コンバージョン(購入)数、率
  • ・見込み客の獲得数、獲得率、獲得単価

このように「目的」「(目的を達成するための)手段」「具体的な方法」「コンテンツに対する考え方」「成果を確認する指標」という項目に分けて「コンテンツSEO」と「コンテンツマーケティング」を比べてみると、それぞれの施策の違いを正しく理解することができるのではないでしょうか。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは目的と考え方が違う

比較表からも分かりますが、「コンテンツSEO」と「コンテンツマーケティング」は、実現したい「目的」と背景にある「考え方」が異なります。

「コンテンツSEO」は、SEOという用語が入っていることから、SEO対策を強化するための1つの施策であり、あくまで目的は「SEO対策の強化」であり、「ホームページの集客強化(アクセス数アップ)」ということになります。そのため、「コンテンツSEO」を行った際に重視される指標としては、「ホームページのアクセス数がどれだけ増えたか」「狙っていた検索キーワードでの順位が上昇したか」という点になるでしょう。

コンテンツマーケティングの目的は売上アップ一方で「コンテンツマーケティング」は、マーケティングという用語が入っていることから、マーケティング手法の1つであり、マーケティングの目的は「顧客獲得」「売上アップ」ですから、当然「コンテンツマーケティング」も営業強化や売上アップが目的となります。「コンテンツSEO」との違いは、アクセス数がどれだけ増えたか、という点で成果を評価するのではなく、自社商品・サービスを購入してくれる「顧客(将来の顧客含む)をどれだけ獲得できたか」であったり、行った施策そのものがマーケティング(プロモーション)活動という考え方になりますので、「どれだけ売上アップにつながったか」という点で成果を確認することになるでしょう。

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングと関連する用語

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングに類似した用語に、「ロングテールSEO」「オウンドメディア」「インバウンドマーケティング」などがあります。ロングテールSEOとコンテンツSEOは近い意味や目的で利用される手法であり、オウンドメディアもどちらかと言えば、コンテンツSEO寄りの考え方です。インバウンドマーケティングは、マーケティングという単語がついていることから、コンテンツマーケティングという考え方と共通する部分が多くあると言えます。

ロングテールSEOなどコンテンツSEOの類似用語

大事なことは、最近流行している言葉の意味を正しく理解しないまま、SEO対策会社やウェブ制作会社からの一方的な提案を鵜呑みにしてしまったり、導入する目的を見誤らないことではないかと思います。ある企業にとっては、コンテンツSEOが最も合致する施策かもしれませんし、会社として大きく営業・マーケティング体制を変えたい場合には、インバウンドマーケティングという考え方を社内に導入する必要があるでしょう。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは、ただでさえ言葉が似ていますので、混同せず、自社の目的に沿って導入し、ホームページのアクセスアップや反響数のアップに活用いただきたいと思います。参考にしていただければ幸いです。

この記事が参考になったら、ぜひ知り合いにシェアしてあげてください。

SEO対策について、より詳しく理解したい方は、こちらのコンテンツもおすすめです

092-406-7073|受付時間 平日/9:00~18:00

お問い合わせフォーム