事例紹介

トップページ > 事例紹介 > イベント・講座管理システム(CMS)導入事例

イベント・講座管理システム(CMS)導入事例

大学・専門学校等のオープンキャンパス、教室・スクールで開催する講座・セミナー等の登録・編集が行える更新システムを導入し、申し込みを獲得

イベント管理システム導入の背景

大学・短大・専門学校で開催される学校見学会やオープンキャンパスをはじめ、各種教室・スクールで開く講座やセミナー等の情報を迅速に発信したい、さらに、申込者の獲得につなげられる仕組みが欲しいというニーズにお応えいたしました。

また、CMS化して学校やスクール内で自由に登録・編集・削除などの更新ができるようシステム化し、さらに、選択した講座の申込がすぐに行えるよう、日程・ないようとれ

イベント・講座情報を更新システム化し、自由に編集可能へ

大学・短大・専門学校などの教育機関にとって、学生募集を行う際に大きなポイントとなるのが、オープンキャンパスや学校見学会など、学生(主に高校生)に学校まで足を運んでもらい、学校の雰囲気や魅力を伝えることです。

また、教室やスクールの場合には、開催する講座やセミナーの参加希望者を獲得することは売上を左右する大きなポイントとなります。

「講座・イベント管理システム」を導入することで、開催する講座やイベントの日程・内容が決まった段階で、社内(学内)で自由に登録・編集できるため、参加を検討していただくユーザー(学生や受講生候補者など)に対して、タイムリーに情報発信をすることが可能となります。

更新システム(CMS)化することで、日程の変更、講座・イベント内容の追記、さらには、日程の追加など、様々な情報をホームページ制作会社に依頼することなく更新することが可能となりました。

選択した講座・イベントからすぐに申込ができる

今回導入させていただいた「講座・イベント管理システム」のもう1つのポイントは、掲載された講座やイベントへの申し込みがすぐにできるよう、講座・イベント情報の下に、専用の申込フォームが表示されるようにカスタマイズした点です。

これにより、気になる講座やイベントの情報を閲覧したユーザーが、すぐに申し込みができるため、離脱してしまうユーザーを少しでも減らすことができています。また、開催するイベントや講座の内容を登録すれば、日程や講座・イベント名と紐付いた申し込み情報として、学校・教室(スクール)側に送られてくることとなり、各日程ごとに申込フォームを更新したり、管理する手間が軽減できております。

開催する講座やイベントをカレンダーに一覧で表示することで、視覚的に分かりやすく、クリックしやすい構造にした点ももう1つの特徴です。